妊娠したら葉酸を摂ろう|母子共にカラダ健康

積極的に摂る

妊婦

妊婦さんは食べるものや摂る栄養素に気を使う必要があります。妊婦さんが摂った栄養分は、お腹の中の赤ちゃんにへその緒で与えることができます。栄養分が少ないと赤ちゃんが健康に成長しなくなる可能性があります。また、妊婦さんが摂取しないといけない栄養分は多くあります。その中の一つとして、カルシウムが挙げられます。このカルシウムは、赤ちゃんの歯や骨を形成するための大切な栄養素になります。この成分が不足してしまうと、赤ちゃんだけでなく、妊婦さんにも悪影響を与えてしまいます。カルシウムは、牛乳を始めとした乳製品だけでなく、干ししいたけやさんま、さばなどに含まれています。普段の食事で取り入れるとカルシウムを体内に補うことができます。ですが、カルシウムを多く摂り過ぎても体に良いというわけではありません。この成分を摂り過ぎてしまうことで、吐き気や便秘などを引き起こし、カルシウム血症を引き起こしてしまいます。一日の摂取量としては、2500ミリグラムになります。その量を超えないようにバランスを取りながら、カルシウムを摂取しましょう。

吐き気や頭痛など妊婦さんの中には、つわりの症状がある方もいます。人によって症状が異なりますし、無いという方もいます。ですが、つわりの症状があると食事を摂るのが辛くなります。食べても吐いてしまう方も少なくありません。そのため、体内に必要な栄養分を補えなくなってしまいます。そういった方は、カルシウムが多く含まれているサプリがあります。どうしても食事が摂れないという方は、このサプリを飲むと良いでしょう。