妊娠したら葉酸を摂ろう|母子共にカラダ健康

治療を受ける

看護師

排卵日に性交を行なうことで、二年以内で高確率で妊娠します。ですが、妊活をしても妊娠しない場合は、不妊症の可能性があります。これを改善するために、奈良にあるクリニックで不妊治療を受けることができます。

もっと見る

健康にしてくれる

女の人

妊娠を望んでいるという方や妊娠中の方は、葉酸を摂っていた方が良いといえます。妊娠すると貧血になりやすいといわれています。貧血にならないために、鉄分が豊富な食材を摂ります。その食材としてほうれん草などをイメージしますよね。その食材には葉酸といった成分が含まれています。これらを摂取することで、体内に栄養分を補うことができ、貧血対策を行なうことができます。体を健康にしてくれる葉酸は妊婦さんだけでなく、お腹の中の赤ちゃんにも影響を与えます。葉酸といった成分には細胞の形成や修復するといった働きがあります。この成分がないと正しい細胞を作れなくなってしまい、奇形や先天性の疾患を引き起こしてしまうのです。これらのトラブルを引き起こさないためにも、葉酸を摂取しないといけません。リスクを減らすためにも、妊娠前に摂っておいた方が良いといえます。また、妊娠している方でも遅くはありません。妊娠8ヶ月になると妊娠中毒症を発症しやすくなってしまいます。むくみや尿たんぱく、高血圧などを引き起こします。そうなると胎盤に悪影響を与えてしまい、健康に赤ちゃんが育たなくなってしまいます。また、最悪の場合はお腹の赤ちゃんが亡くなってしまう可能性もあります。葉酸には妊娠中毒症の症状を予防してくれる効果があります。妊活最中や妊娠初期だけでなく、後期でもとても大切な栄養素になります。積極的に栄養分を摂って、母体やお腹の赤ちゃんの健康を守りましょう。

積極的に摂る

妊婦

お腹の中の赤ちゃんに栄養を与えるために、栄養満点の食事を摂る必要があります。妊婦さんは摂る食事に気を使わないといけません。また、体内に必要な栄養分としては多くありますが、カルシウムも大切な成分になります。

もっと見る

通う病院を選ぶ

看護師

妊娠かなと心当たりがあった際は、産婦人科で検査を受けることができます。専門の医師が診察してくれるので、安心して任せることができます。この病院は全国にあり、大阪にもあります。

もっと見る